気になる女の子ができたら、すぐにでも告白して自分のモノにしてしまいたくなるのが男心。
最近は草食系とか肉食系とかいう言葉がはやっていますが、実際に女の子はどんな男性を好むんでしょうか?

私はどんな男性のタイプかどうかというよりも、どうやって告白するのかがまず大切だと思います。

だって、自分がどんな人間か見てもらうためには、まずはお付き合いを始めてみなけりゃ話になりません。

で、そのお付き合いを始めるにはやっぱりどちらかが告白することが絶対条件になるから。

細かいことはどうでもいいんです。
結局付き合ってからしかわからないことの方が多いんです!
ようは、「まだどんな人かもよく知らないけど、取りあえずOKしてみようかな~」と思わせればほとんど成功です。

告白する時点で100%惚れさせてなくていいのです。
それよりも、「この男と付き合ったらどんな感じになるのか試してみたい」「これまでにないような付き合いが出来るような気がする」という期待感を抱かせるのがポイントです。

まず、絶対にやってはいけないことをお話しします。
それは「メールで告白する」ということ。

これは論外です。
こんなにも大切なことをメールで済ませようとする男を魅力的に感じるワケはありません。

それまでどんなに盛り上がっていても、メールで告白された瞬間冷めきった経験が現にありますから。

あと、電話で告白も辞めておくことが無難です。
メールほどではないですが、やっぱり女の子はがっかりします。

男性にお付き合いを申し込まれて、ちょっと恥ずかしそうな、困ったような表情をしてみることは、女性にとっては最高に優越感に浸れる瞬間です。

メールも電話も、その機会を奪うシチュエーションとなってしまいます。

はっきりと目を見て気持ちを伝えることが大切ですが、だからと言ってこの方法なら100%というものではありません。
女の子は、この人と付き合いたい、告白されたら多分OKするとわかっていても、そんなにもすぐに告白されたらつまらなく感じてしまうものです。

女の子は大体、告白されそうなタイミングに気がついています。
もう少し、友達以上恋人未満を続けたい時は、なんだかんだ理由を着けて会う回数を減らそうとしてきたりします。

雰囲気のいい場所に誘いこもうとしても、帰ってしまったりもします。

女の子は男性に求められながらも焦らすのが大好きなので、この時間を一緒に楽しんであげてください。

あまりにも焦って告白しようとすると、女の子は離れていきます。